So-net無料ブログ作成

観ました<シーンズ フロム ザ ビッグ ピクチュアー> [平光琢也]

 初日に行って参りました。下の告知記事にかんたんなあらすじが載っていて、正直、タイトルとこれを読んだ時点ではあんまり期待できないかも… と思っていましたがとんでもない! もの凄く良かったです。途中休憩があり(15分)、芝居の長さ自体も2時間30分あるので、1日2公演は望んでは酷とは思うのですが、もっと上演回数を増やしてたくさんの人に楽しんで頂きたいと思ったお芝居でした。

 食肉工場がある小さな町の住民たちの物語で、物語を繋ぐのは、食肉工場の作業着姿の黒子たち。初日祝いの席で「きっかけが多すぎて、スタッフもキャストも本当に大変」と平光さんも仰ってましたが、その苦労のかいがあってか(?)、場面転換がものすごくスムーズで、芝居を観ていて一番ネックとなる、場面転換の暗転の間に物語から引き離されてふっと現実の自分に引き戻される時間が全くなかったのがとにかく良かった。
毎日JPの記事では平光さんが「ベテランには『若手の手本になる演技を』、若手には『先輩を驚かせるようなライブ感を』と注文しています。」と語っていらっしゃいましたが、ベテラン勢の存在感がとにかく凄い。休憩時間からラストまでの畳みかけに圧倒されました。ヘタレではあるがどこか憎めない、可愛らしい男性陣と、しなやかな強さを隠し持つ女性陣とのコントラストも見事。特に有川さんの、手の振り方一つでその人物像が浮かび上がってしまうような演技の巧みさには心底痺れました。もはや「匠のわざ」と言ってもいいかもしれません。(余談ですが、終演後にロビーでお会いした有川さんは本当にダンディな方で、舞台の上に居たフランク爺さんとは全く別人だったのが凄いなーと思いました。当たり前なのかもしれませんが…)高橋理恵子さんの、非の打ちどころがないメイヴの演技も圧巻。客席から女性客のすすり泣く声が多数聞こえました。時折、物語の息抜きとなるようなコミカルな男性コンビのエピソード(石田さん&廣田さんのパプの常連コンビと、ポールとハリー兄弟)があり、会話の妙を愉しませてくれるのも良かったです。

 終演後に平光さんとお話したことからちょっと。脚本は森さん(演出・文芸部の方かな?)から紹介されたそう。そういえば今回のパンフから、平光さん演出・文芸部に移ってましたが、私はまだ、役者・平光さんの出演を諦めてはいませんよ(笑)。 あと、「銀幕『ヘタリア』を観ました」とお話したら、ラストシーンが気に入ってらっしゃる(綺麗にはまった)と仰ってました。銀幕『ヘタリア』では、私は日本が唐突に「おもてなしをしましょう」と言うところが平光さんっぽくって好きです。

 最後にシーンズ関係の記事と、今回もお花を送らせて頂きましたので、お花屋さんから頂いた画像も貼らせて頂きます。

http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/stage/theater/20100929-OYT8T00778.htm (平光さんの写真入り)
http://mainichi.jp/enta/geinou/news/20100930dde012200075000c.html

001.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。