So-net無料ブログ作成
平光琢也 ブログトップ
前の10件 | -

ミュージカル「美少女戦士セーラームーン -La Reconquista- [平光琢也]

 掲示板に投稿して下さった方(Nさんありがとうございます!)もいらっしゃいますが、9/13(金)から平光さん演出・脚本でミュージカル美少女戦士セーラームーン、渋谷はAiiA Theater(もとマッスルシアターのところですね)で始まります。
 
 私、まんまと見逃してしまいましたが、ニコニコ動画で記者会見があったり、千秋楽はニコニコ動画で観られたりとかなり情報満載です。私も何公演か観させて頂く予定ですが、個人的に平光さんの脚本がすごく楽しみです。

以下、情報記載致します。

期間  2013年9月13日(金)~23日(月・祝) 劇場 AiiA Theater Tokyo (アイア シアタートーキョー)

原作    武内直子(講談社刊)
脚本・演出 平光琢也
音楽     佐橋俊彦

出演     大久保聡美 松浦 雅 七木奏音 高橋ユウ 坂田しおり/彩夏 涼 小松美咲 コロ ルウト/
       初風 緑 新谷真弓/ジェイミー夏樹 大和悠河 他

主催 ネルケプランニング ドワンゴ 講談社

* タイムテーブルは公式サイトでご確認お願い致します。

よろしくお願い致します。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

2011年12月円こどもステージで…! [平光琢也]

皆様、お久しぶりすぎてスミマセン^^; マッチ次長です。先ほど平光さんから指令を受けてこれを書いてます。
12月の演劇集団円の公演は平光さん演出…ここまではまぁいつもの情報と同じなんですが、今回はビックリニュースが2つあります。

まずは、平光さんがなんと、16年ぶりに出演(舞台に立つわけではないそうですが)すること!!

もう一つは平光さんとこのお嬢さんのくりこちゃんが衣装を担当すること、ザ・平光親子コラボですよ!!

「舞台に立つことをおおっぴらにするのは恥ずかしいけど、オレの演技を観たことのある怪物ランドファンにだったら観られてもいいかな~」ということで教えて下さいました。とりあえずチラシを貼ります。 ↓

5e300313.jpg
68cfe3a9.jpg

さて、チラシ裏に写真のない平光さんの役はなんでしょうw

12/18[日]→27[火] 会場:シアターΧ

12/18(日) 15:00
19(月)20(火) 19:00
21 (水)休演
  22(木) 15:00/19:00
  23(金)12:00/15:00
24(土)12:00
25(日)12:00/15:00
26(月) 15:00
   27(火)12:00

[ぴかぴか(新しい)]25日15時の回は年齢・性別・学歴に関係なくみんな2000円のクリスマスチケット!!

ご覧になりたい方は是非マッチ次長までお知らせください。machi★jc4.so-net.ne.jp (★を@に変えて下さい)
です。ご覧になりたい回とお名前、枚数をお知らせ下さい。平光さんが当日受付清算でチケットをお取り置きしてくださいます。私はいつ行けるか今のところ見当もつきませんが、せっかくの機会なのでできるだけたくさん観に行くつもりです。これが刺激になって、怪物ランドがなにか始めてくれるかもしれませんよw

どうぞよろしくお願いします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

観ました<シーンズ フロム ザ ビッグ ピクチュアー> [平光琢也]

 初日に行って参りました。下の告知記事にかんたんなあらすじが載っていて、正直、タイトルとこれを読んだ時点ではあんまり期待できないかも… と思っていましたがとんでもない! もの凄く良かったです。途中休憩があり(15分)、芝居の長さ自体も2時間30分あるので、1日2公演は望んでは酷とは思うのですが、もっと上演回数を増やしてたくさんの人に楽しんで頂きたいと思ったお芝居でした。

 食肉工場がある小さな町の住民たちの物語で、物語を繋ぐのは、食肉工場の作業着姿の黒子たち。初日祝いの席で「きっかけが多すぎて、スタッフもキャストも本当に大変」と平光さんも仰ってましたが、その苦労のかいがあってか(?)、場面転換がものすごくスムーズで、芝居を観ていて一番ネックとなる、場面転換の暗転の間に物語から引き離されてふっと現実の自分に引き戻される時間が全くなかったのがとにかく良かった。
毎日JPの記事では平光さんが「ベテランには『若手の手本になる演技を』、若手には『先輩を驚かせるようなライブ感を』と注文しています。」と語っていらっしゃいましたが、ベテラン勢の存在感がとにかく凄い。休憩時間からラストまでの畳みかけに圧倒されました。ヘタレではあるがどこか憎めない、可愛らしい男性陣と、しなやかな強さを隠し持つ女性陣とのコントラストも見事。特に有川さんの、手の振り方一つでその人物像が浮かび上がってしまうような演技の巧みさには心底痺れました。もはや「匠のわざ」と言ってもいいかもしれません。(余談ですが、終演後にロビーでお会いした有川さんは本当にダンディな方で、舞台の上に居たフランク爺さんとは全く別人だったのが凄いなーと思いました。当たり前なのかもしれませんが…)高橋理恵子さんの、非の打ちどころがないメイヴの演技も圧巻。客席から女性客のすすり泣く声が多数聞こえました。時折、物語の息抜きとなるようなコミカルな男性コンビのエピソード(石田さん&廣田さんのパプの常連コンビと、ポールとハリー兄弟)があり、会話の妙を愉しませてくれるのも良かったです。

 終演後に平光さんとお話したことからちょっと。脚本は森さん(演出・文芸部の方かな?)から紹介されたそう。そういえば今回のパンフから、平光さん演出・文芸部に移ってましたが、私はまだ、役者・平光さんの出演を諦めてはいませんよ(笑)。 あと、「銀幕『ヘタリア』を観ました」とお話したら、ラストシーンが気に入ってらっしゃる(綺麗にはまった)と仰ってました。銀幕『ヘタリア』では、私は日本が唐突に「おもてなしをしましょう」と言うところが平光さんっぽくって好きです。

 最後にシーンズ関係の記事と、今回もお花を送らせて頂きましたので、お花屋さんから頂いた画像も貼らせて頂きます。

http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/stage/theater/20100929-OYT8T00778.htm (平光さんの写真入り)
http://mainichi.jp/enta/geinou/news/20100930dde012200075000c.html

001.jpg

平光さん演出舞台「シーンズフロムビッグピクチュアー」&銀幕「ヘタリア!」 [平光琢也]

scenesfromthebigpicture.jpg
 もう前売りが始まっていますが、10月の平光さん演出舞台の詳細です。「シアターガイド」さんの紹介には「今最も旬なアイルランド演劇。本邦初演! 」とあります。

演劇集団円 10月公演 「シーンズフロムビッグピクチュアー」10月1日[金]~10日[日] 紀伊國屋ホール

スタッフ/作:オーウェン・マカファーティー 訳:芦沢みどり 演出:平光琢也 美術:伊藤雅子 照明:小笠原純 音響:穴沢淳 衣裳:岸井克己 映像:西野光則 演出助手:内藤裕子 舞台監督:田中伸幸 宣伝美術:猪子進写真撮影:森田貢造

キャスト/有川博 高林由紀子 松井範雄 廣田行生 石田登星 唐沢潤 上杉陽一 入江純 高橋理恵子 小川剛生 秦由香里 梶原美樹 本多新也 寺尾たかひろ 玉置祐也 山内基寛 山根舞 加藤圭 清田智彦 小林親弘 戎哲史

ストーリー/ベルファストのある夏の一日。
登場人物はそこに住む21人の老若男女。食肉会社の秘書、ドラッグストア経営者、パブの常連客に麻薬の密売人、主婦、無職の若者などの一日が、日常の空気と佇まいのなかまるで点描画のように描かれてゆく。
町のどこかで浮かび上がる三角関係、子どもの喪失、犯罪に狂気、父子の和解、葬式と出産などの複数のシーンを往還しているうちに、町に生きる人々の人生のパノラマが見えてくる。
生と死に挟まれた人生の様々な悲哀。劇はいわば大きなジグソーパズルに小片を嵌め込むように進行してゆく。

タイムテーブル/

18:30~ 10/1(金)・4(月)・5(火)・7(木)・8(金)
14:00~ 10/2(土)・3(日)・6(水)・9(土)・10(日)

チケット/全席指定 ●一般5,800円 ●学生3,800円 ●ペアチケット10,000円(2枚1組、劇団扱いのみ)

前売り 演劇集団円03-5828-0654   チケットぴあ    イープラス 
     キノチケットカウンター(店頭販売のみ、新宿駅東口、紀伊國屋書店新宿本店5F10:00~18:30)

です。円にてご予約される方は是非、「平光さんのサイトを観て…」と仰ってください。平光さんが喜びます(笑)。

***

銀幕「ヘタリア!」も絶賛上映中のようです。私も観て参りましたが、脚本も平光さん。原作をご存知ない方でも怪物ランドがお好きな方には受け入れやすい内容ではないかと思います。
パンフにも平光さん、写真入りで座談会に参加されています。こちらも必読!

もう始まってますが^_^; [平光琢也]

 ものすごーくご無沙汰してしまってすみません^_^; 昨年は郷田さん演出の羽衣1011の公演を観に行ったあとに新型に罹ってしまい、感想も書かぬまま新年明けてしまいました。羽衣さんは期待通り、とても面白かったです!

 そして今回の告知ですが、タイトルに書きましたが実は昨日から始まってます^_^; 平光さんが演出されている、円の卒業公演です。ソースは演劇集団円のページからです。

円・演劇研究所33期専攻科卒業公演 アントニオ・ブエロ・バリェホ/作 佐竹謙一/訳

「燃ゆる暗闇にて」演出/平光琢也 期間:2010年2月15日(月)~21日(日)※開場、受付開始時刻は開演の30分前から


劇場/ ステージ円(東京メトロ銀座線田原町駅下車3番出口徒歩3分) 料金/ ¥1,500(日時指定・自由席)

美術/伊藤雅子
照明/佐々木真喜子 【ファクター】
衣裳/大野典子
舞台監督/浜辺心大朗
演出助手/礒貝保徳 (34期本科演出部)
宣伝美術/野田友香里
制作/石井智之

出演/33期専攻科演技部 *A・Bの2チーム編成


タイムテーブル/2月17日(水) 19:00~ Bキャス
         18日(木)14:00~ Bキャス 19:00~ Aキャス
         19日(金)14:00~ Aキャス 19:00~ Bキャス

*土日分はすでに完売のようです。平日、お時間ある方は是非、足をお運びくださいませ。私は木曜に観に行きます。ご予約等は円に直接お電話でお願いします。

http://www.en21.co.jp/2010_sotsugyoukouen.html

それから10月の紀伊国屋ホールでの演出のご予定もあるようです。

http://www.en21.co.jp/kouen.html

チケット予約等はたぶん、GW後になるとは思いますが、こちらも宜しくお願い致します。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

久しぶりの平光さん [平光琢也]

 平光さんにもずいぶんお会いしていないな~と思いながら検索を掛けてみたら、演劇集団円の公式ブログで平光さんのお姿を発見! また黒髪に戻されたようですね~、個人的に、こっちの方が好きです[揺れるハート]
記事は6月11日の記事です。

http://blog.livedoor.jp/engekisyudan_en/

 この座談会の内容は、7月公演のパンフに掲載とのこと ・・・ふむぅ、行かねば。
 
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

アニメージュ3月号「ヘタリア」音響監督インタビューから [平光琢也]

 ご無沙汰じゃ~んです^_^; ご無沙汰がすぎてなかなか重い腰が上げられずにいつも困っているのですが、mixiの平光琢也コミュで「アニメージュ3月号に平光さんのインタビューが載ってますよ」という情報を頂いたので、買ってきました、読みました! そしたら、思わず「これは… 怪物ランドニュースに書かなきゃ!」(*゚∀゚)=3 ムッハーな記事だったのです!

 問題の記事は54・55Pに渡ってスタッフインタビューとして載っており、怪物ランドについても言及されてました。オンエアなどに関しても様々なところでニュースになった作品なので、初回だけ観てみましたが、あとは観ていなかったのが本当に悔やまれました(でも、DVDがあるよ、きっと!!)。 ウソップのコアなファンだった監督とPDが、ウソップランドのような構成を… という経緯で平光さんにシリーズ構成のオファーが来たということ、コミックを読んだ印象が、枢軸側に3人が、怪物ランドに似ているなという印象を持たれたということ、そしてそして、またコントをやりたくなってきましたなんて発言がありますよ!

 「ウソップ~」の時代に活躍をし、解散したグループたちが再結成をする動きを見ては羨ましく、淋しく思っていました。もう怪物ランドの活動を期待してはいけないのか、とも思っていましたが、そんなことはない??

 ウソップランドについてのひとこと解説もありますよ。怪物ランド分、平光分が足りない方は是非、書店へ。絶賛発売中ですよ[ぴかぴか(新しい)]

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

図書館戦争 <新番組情報> [平光琢也]

mixiの平光琢也コミュで、新番組情報を頂きました。4月からのノイタミナ枠で「図書館戦争」。まだ何日からスタートとかは書いてありませんが、面白そうな番組です。公式サイトも出来てますので、詳細はそちらからドゾ。近日中にブログもできるとか。そちらも楽しみですね。

スタッフ:

  • 原作:有川 浩
    (「図書館戦争」「図書館内乱」「図書館危機」/メディアワークス刊 )
  • キャラクター原案:徒花スクモ
  • 監督:浜名孝行
    (「テニスの王子様」「ウエルベールの物語」)
  • シリーズ構成:古怒田健志
  • キャラクターデザイン:中村 悟
  • 美術監督:池田繁美
  • 美術設定:荒川直樹
  • 色彩設計:片山由美子 
  • 撮影監督:田中宏侍
  • 3D監督:遠藤 誠
  • 音響監督:平光琢也
  • 音楽:菅野祐悟 
  • アニメーション制作:プロダクション I.G
    (「攻殻機動隊 S.A.C.」シリーズ、「精霊の守り人」)

キャスト:

  • 笠原 郁 … 井上麻里奈
  • 堂上 篤 … 前野智昭
  • 小牧幹久 … 石田 彰
  • 手塚 光 … 鈴木達央
  • 柴崎麻子 … 沢城みゆき
  • 源田竜助 … 鈴森勘司
  • 稲嶺和市 … 佐藤晴男

http://www.toshokan-sensou.com/index.html (公式サイト)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

ウエルベールの物語第二幕など<新番組情報> [平光琢也]

あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いいたしますm(__)m

さて、今期の平光さんの音響監督情報からまとめていきたいと思います。

まずは「ウェルベールの物語 第二幕」。公式サイトを拝見すると(スタッフの平光さんのお名前、漢字が間違ってます^_^;)スタッフ・キャスト・・・ は載ってないけどまんま続投のようです。

http://www.avexmovie.jp/lineup/wellber/index.html (公式サイト)

こちらはGyaoでも1/15から配信とありますので、私は又、Gyaoで観たいと思います。視聴できない地域にいる者にとって、インターネット配信はありがたいことです。

「ガンスリンガー・ガール」も第2部スタートですね。サブタイトルが「IL  TEATRINO」。キャスト等は公式サイトをご覧下さい。

http://www.gunslingergirl.com/index.html (公式サイト)

放送日が、TOKYO MX 1月7日(月) 27:00より 毎週月曜日放送 テレビ大阪 1月9日(水) 26:55より 毎週水曜日放送 中京テレビ 1月16日(水) 27:14より 毎週水曜日放送 とのことです。ON AIR地域の方はお見逃しなく!

去年からの続投のものは「遊戯王デュエルモンスターズGX」「おねがいマイメロディ すっきり♪」。時間は短縮されてますが、テンポが良く、相変わらずマーメロさまひどい いえ、面白いです(笑)。こちらも視聴できる地域の方は是非チェックを!

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

「オセロー」観劇レポート [平光琢也]

楽日観劇。席はやや前方のどセンター。舞台全体が一番見渡せる席でした。
今回の「オセロー」を観て一番思ったのは、平光さんの演出は、年々、シンプルになってきてるなぁということ。
衣装は雰囲気を残しつつも斬新で華やか、セットもシンプル、台詞もシェイクスピアのテイストを残しつつもわかり易く仕上がっていたと思います。
とは言いつつも。「オセロー」自体をそう何本も観ているわけではないですが、「これってシェイクスピア4大悲劇だよねぇ、こ、こんなに遊んでしまっていいの!?」と思うくらい、コミカルな演出が多い。特にオセローを演じられた金田さんは、アフリカの屈強な黒人(私のオセローのイメージですが)というよりも、いろんなところに陰りの見え始めた中年男の悲哀に力が入っていたように思え、妻に対する嫉妬心から顔をクシャクシャにして座り込むシーンなどは、『あのリチャード3世では超セクシーだった金田さんとは思えない』と思いつつも、そんな情けない表情も滑稽で、どこか可愛らしい。イアゴー役の吉見さんは、「ファウスト」と役柄がやや被るけど、悪いけれども憎めないイアゴーを好演。朴さんのデスデモーナは清楚で可憐。さすがに台詞が聞き取りやすい。三沢さんのエミリアの逞さが物語を引き締めていたように思う。
個人的にオキニな佐々木睦さんが、序盤にチョコっとしか出番がなかったのが残念。もっと佐々木さんの演技が観たかったのに(笑)。

ayutoさんのレポートにもありますが、カーテンコールでは平光さんも舞台上へ。琢也コールもかかって嬉しい私(笑)。終演後はロビーで平光さんとちょっぴりお話。来年は円の舞台の演出はなさらないそう。思いっきりガッカリした顔をしていたのでしょうか、外部の演出はするかもよ、と仰ってました(笑)。
写真は終演後、ロビーで撮らせて頂いた平光さん。ほぼ一年ぶりにお会いしたんbんですけど、なんか去年より若くなってます。次回お会いする時は更に若返ってる!? そのあたりも楽しみです。

一緒に楽日を観劇したayutoさんのレポートです。26日(水)の分と楽日の分、両方貼らせて頂きます。http://diarynote.jp/tb/52419/20070725234231 (26日分)
http://diarynote.jp/tb/52419/20070729212935 (楽日分)


前の10件 | - 平光琢也 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。