So-net無料ブログ作成
郷田ほづみ ブログトップ
前の10件 | -

湘南アクターズ地方公演 「シロツメクサの花咲く」 <観劇レポート> [郷田ほづみ]

郷田さん率いる湘南アクターズの「地方公演」こと、池袋・シアターグリーンの初日に行って参りました。本日はあゆとさんと待ち合わせ、最前列に配されていた補助席のどセンターにての観劇です。

さて、そろそろ池袋公演も終盤ですし、今ブログを読みに来ていらっしゃる方々はネタバレOKな方と過程して記事を書いていきます。ネタバレイヤン、な方は以下はお読みにならないで下さい。

湘南アクターズ一年ぶりの新作だそうです。序盤・中盤でたっぷり笑わせてくれて、終盤涙を搾り取る金津脚本健在。演出の郷田さんも、劇団員の良さを知り尽くした演出で安心して作品世界にドップリ浸って観ていられます。湘南アクターズというと、様々な個性を持った役者がよくこんなに集まったな、と観るたびに感心させられるのですが、これは日々の稽古なんかで引き出されてくるものもあるんだろうなと思ったりもしました。フツーの劇団・・ というのがどういうものかってのは上手く説明できないんですが、演劇で生計を立てたい希望もある人たちが集まった集団=劇団だとしたら、そういう人たちの枠にとらわれない人たちがバランス良く集まっているのが湘南アクターズ。一度でも、アクターズの公演をご覧になった方々には同意して頂けるのではないかと思います。

今回は「互いを思いやる嘘を積み重ねて行った先にはなにがあるか」、というのが大きなテーマになっていたと思います。終演後にじんわりくるのはまず、杉山さん演じる母がたぶん、ロビーに入ってきたわが子を一瞬で見分け、心を高鳴らせるけれどもそこに入ってきた今の夫との子の気持ちを慮ってまずついてしまう嘘。そして何十年ぶりに会ったわが子の余裕のない様子を見て、何十年もの間、子供の成長の様子を頭に思い描きながら生活していた母が、やっと目にした我が子の姿とその変わりように心を痛めたであろうこと、そして空白の時間に何があったのかをやんわり探ってく様子。序盤から、娘・美咲と友人の入れ替わりには気がつかせてくれるけど、そこに意識が行くことで、周到に張り巡らせてある伏線のいくつかには気がつかない構造になっている。上手い。

今回の見どころの一つとして、ひらり、空中分解。の松川さん演じる病院長の息子・サイボーグジュニアと郷田さん演じる夫とのボケとツッコミ対決がありますが、まずは郷田さんの、ふんわりパーマヘアと無精ヒゲにオヤジスキーな女性は間違いなく萌える(笑)。 mixiで郷田さんが今回の公演用にパーマをあてたという事を知って、パンチパーマ姿が拝めるか・・ と思ったら、違ってました。確かにあの家族のパパがパンチパーマは可哀相すぎる^_^; 冷徹だけどもどこかピントのズレたジュニアは松川さんにハマり役。白衣姿も嬉しい。あと眼鏡があればカンペキだったのに・・・ちいぃ!(笑)。

主演の貫井さん、いつもながら牽引力がある。彼女の舞台での存在感というのはいつもながら凄い。それから西原さん。「ウェルメイド家族」のひまわり役より、今回の娘役のが、声のよさが引き立ちます。そのうち、彼女の声優仕事も見られるか!?
須賀さん・山本さんの親子、言われて嬉しくないかもしれませんが、妙な説得力がありました^_^; 須賀さんはここのところ、サポート役的な役柄が多いですよね。次回作あたりでストーリーをぐいぐい引っ張っていくところが観てみたいです。
看護士役のトロピカーナさん、出落ち(笑)。ウザいけど憎めない看護士を好演してました。友人役の水野さんは安定してる。彼女も器用な方だなぁといつも思います。

***

もうすぐ始まる平塚公演では、今回の池袋公演とはまた違ったキャストで演じられる。そちらの配役も、今から目に浮かぶような今回の作品。怪物ランダーの方々は、聖地巡礼スポットの一つ、アトリエ詣でを兼ねて(笑)。アクターズやひらりファンの方々も是非、全配役で観て頂きたいです。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

湘南アクターズ公演情報 「シロツメクサの花咲く」 [郷田ほづみ]

情報はmixiの「劇団・湘南アクターズ」より転載させて頂きました。前売り券絶賛発売中のようです!

第11回公演 「シロツメクサの花咲く」
作/金津泰輔 演出/郷田ほづみ
【会場】シアターグリーン(池袋) BASE THEATER  【日程】2008年3月20日(木)~24日(月)
【前売】3000円 【当日】3300円 (日時指定・自由席)
※全ての公演につき受付開始は開演の1時間前、開場は開演の30分前です。
3/20(木)17:00-
3/21(金)19:00-
3/22(土)14:00-/19:00-
3/23(日)14:00-/18:00-
3/24(月)13:00-/19:00-

【会場】湘南アクターズアトリエ  【日程】3月31日(月)~4月6日(日)

【前売】2300円 【当日】2500円 (日時指定・自由席)
※全ての公演につき受付開始は開演の1時間前、開場は開演の30分前です。
3/31(月)19:00-A
4/1(火)19:00-B
4/2(水)15:00-A/19:00-B
4/3(木)15:00-A/19:00-A
4/4(金)15:00-B/19:00-B
4/5(土)15:00-B/19:00-A
4/6(日)14:00-A/18:00-B

- cast -
郷田ほづみ〔池袋〕
水野理紗〔池袋・B〕
ななか りか〔B〕
貫井りらん〔池袋・B〕
中村佳世〔B〕
須加みき〔池袋・A〕
杉山弘子〔池袋・A〕
仲野 元〔A〕
宮入斗似〔B〕
トロピカーナ健太〔池袋・A〕
米丸照二〔B〕
小林 貴〔A〕
山本浩司〔池袋・B〕
伊藤麻美〔A〕
原 夏木〔A〕
西原ゆーこ〔池袋・A〕
神野 潤〔A〕
大関奈緒子〔B〕
松川貴弘〔池袋・B〕(ひらり、空中分解。)

公式サイトへのリンクも貼っておきます。チケット申し込みはこちらからドゾ ↓

http://www.shonan-act.com/actors/11.html (「シロツメクサの花咲く」 告知ページ)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

ウェルメイド家族・装甲騎兵ボトムズバトリング大会改造コンテスト授賞式 [郷田ほづみ]

すっかり感想書いた気持ちになってましたが、書いてませんでしたね(>_<) パパーっとレビューさせて頂きます。 今回の「ウェルメイド家族」はアトリエ公演10日の昼の部を観劇。またしてもかぶりつきで観せて頂きました(笑)。初演(昨年の10月)のも観ているので、あれからどのように進化しているのかというのも楽しみにしていたのですが、両方観比べてみて、よく練られた今回の上演も良いけど、初演の方の「勢い」みたいなものが味わえて良かったなと改めて思いました。 前回の執事役は宮入さん。アナタ、前は何の職業をやっていたのですかと聞きたくなるくらい怪しい執事で笑わせて頂いたのですが、今回の郷田さんの執事は時々人生経験の多さを感じさせる話のわかる執事ぶりが魅力的でとても良かったです。なによりスーツ姿が決まります。 ウェルメイドな家族の父・母を演じるのは父役は初演と同じ仲野元さん。ハマリ役だと思います。母は初演では杉山弘子さん、今回が須加みきさん。お二人とも好演していらした。杉山さんの母は包容力の母、須加さんはホームレス夫妻の疲れた様子が出ていて良かったけど、女としてここを褒められるのはあまり嬉しくない?(汗) カップルズと復讐を誓う親子は初演と同じ。どちらのペアも安心して観ていられました。いちごちゃん・りんごちゃんペアは初演の水野・原ペアのが怖い(笑)。腹が据わっていたと言うか。今回観た伊藤・高橋 ペアのがOLの心の揺れは出ていたかと。佐土原お嬢さま・西原お嬢さまはどちらも可憐なカンジが良かったと思います。 終演後は郷田さんにバレンタインプレゼントをそれぞれ手渡し。(バレンタインデー前でしたからね。) 少々お話させて頂く。今年のお仕事の事とか。今年の郷田さんのお仕事はちょっと目が離せそうにないですよ、と大雑把な書き方をしておきます。今後の情報は要チェックですよ! それから授賞式。あちらこちらでもう記事になってると思うので会場の雰囲気を。 郷田さんと高橋監督ご両人ともに飄々とした雰囲気で、ボトムズ=男の世界なイメージとはかけ離れたリラックスムードに包まれた不思議空間でした(笑)。 カン・ユーを製作された「赤鼻のキム」さんの製作期間が三ヶ月くらい、というのがビックリ。イプシロンのミクロマンを改造されたものですっごく小さいのだけどものすごく出来が良かったのです。郷田さんは授賞式終了後に観に来ますと仰ってたけど、その後会場内でお姿は見られず。カン・ユーはみられたのでしょうか。 駆け足でザザーと書いてみました。すんません、書き忘れてて。以後このような事のないように気をつけます・・・


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

「ウェルメイド家族」平塚公演の部 観てきました [郷田ほづみ]

今日の平塚公演2回分と、池袋公演が控えているのでネタバレなしで。感想は公演終了後改めて書かせて頂きます。

土曜の昼の部を観劇。郷田さんが執事役を務める回を観させて頂いたわけなんですが、とにかく郷田さんのスーツ姿が格好良い! スーツ姿が好きな方、郷田ファンの方々、まさに「萌え~!」な状態です(笑)。
怪しい度では、本日18時からの宮入さんの執事のが怪しいのでこれまたオススメです(笑)。意外なことに、郷田さんの執事の方が真面目な執事でした。できれば、両キャストを観比べて頂くとそれぞれの違いが楽しめますので、本日の平塚公演も間に合う方は是非。
開演前の受付はけっこう並びますので、ちょっと早めに行かれて受付を済ませた方がいいかも。

それから25日のワンダーフェスティバル2007 冬 での、装甲騎兵ボトムズバトリング大会改造コンテスト授賞式に郷田さんと高橋監督、お二人で行かれるそうです。ワンフェスに行かれる方々はこちらもお楽しみに。

詳細はこのあたりでご覧くださいませ。
http://www.takaratomy.co.jp/products/votomsmain/
http://votoms.cocolog-nifty.com/


湘南アクターズと、次回のひらり情報 [郷田ほづみ]

キャストと日程が決定しているようです。まず、平塚のアトリエ公演が2007年2月5日(月)~11日(日) で前売2,300円の当日2,500円(日時指定・自由席)。
池袋のシアターグリーン・小劇場の方が15日(木)~19日(月) で前売3,000円の当日3,300円(日時指定・自由席)。こちらも自由席!? は、早いもの勝ちってことですね^_^;

アトリエ公演の方はA・Bキャストがあり、その中でも出演者がランダムに変わるようです。
タイムテーブルの赤がAキャスト、緑がBキャスト。こちらにある、劇団のタイムテーブルをご覧下さい。

http://www.shonan-act.com/actors/
(TOPページ→公演情報で確認してみて下さい。)

***

ひらり、空中分解。さんからは年賀状からの情報。

次回公演は5月16日(水)~27日(日)の予定で、場所が新宿のサンモールスタジオ。チケット発売開始が4月中旬とのこと。サイトの方も確認させて頂きましたが、まだ情報が載ってないみたい。とりあえず、2月に入ってから気にしていればいいかな? また詳しいことがわかり次第、更新して行きますね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

オートバイテルの郷田さんインタビュー [郷田ほづみ]

冬コミ用の原稿まとめ中。お三方の一年の仕事をまとめつつ、いろんなサイトを巡回しています。
ここはmixiの郷田ほづみコミュで知りました。写真もたくさんありますのでご覧になっていない方は是非。

アルフィスタ(アルファロメオのファンってこと?)が語るアルファロメオへの想いの第一回目です。
よ、湘南アルファ・ロメオ・クラブ会長!!ヽ(^o^)丿

http://www.autobytel-japan.com/special/alfista/vol1/index.cfm


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

第5回市民演劇フェスティバル 『ウェルメイド家族』 <観劇レポート> [郷田ほづみ]

来年2月の本公演の前の、いわばプレビュー公演。1回だけの上演(今回のキャストでは)という事で、平塚まで出掛けて参りました。
会場がとにかく大きい!701席あるそうです。自分がこの舞台に立つことを考えると・・ 怖い。しかも始まってみると、演劇公演にあるまじき前説があり。
なんと、市民演劇フェスティバル開催のご挨拶があって。もし自分が裏で待っている役者の身だとしたら、慣れない広い客席を持つ舞台に、この前説。しかも1回きりの公演。かなりのプレッシャーがかかるだろうと思い、まるで自分がこれから出待ちをする役者のような気持ちで、緊張して観てしまいました。しかし、普段からチームワークの良さを感じさせる湘南アクターズ。気がついたら緊張もほぐれ、思いっきり笑ってました。
来年本公演がアトリエと池袋であり、来年の舞台では郷田さんも舞台に立たれると言うし、金津さんのブログを拝見すると、脚本もかなりの手直しが入りそう。今回の舞台を踏まえてのかなり完成度の高い舞台になるのではないかと思います。
稽古期間もかなり短かったとお聞きしましたが、役者の皆さんは、出来うる限りの力を出して演じきっていたと思います。お疲れ様でした。2月の公演で、またウェルメイドな家族たちに再会できるのを楽しみにしています。

脚本の金津さんのブログと、一緒に観劇したジュンジュンさんのレポートを貼っておきます。

http://nagoya.cool.ne.jp/kozakuraj/festivalkari.htm (ジュンジュンさんのレポート)
http://kanatsu293.exblog.jp/m2006-10-01/ (金津泰輔の『書いては書き直し』)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

郷田さん情報2連発 [郷田ほづみ]

郷田さん演出舞台情報です。早い順に掲載。

第5回市民演劇フェスティバル 『ウェルメイド家族』
作/金津泰輔 演出/郷田ほづみ
2006年10月7日(土)14:00~
入場料\500

こちらは今回一回のみの上演で、来年2月にまた違うキャストで上演されるとの事です。
キャスト等はこちらの「公演情報」ページをご覧下さい。

http://www.shonan-act.com/actors/ (湘南アクターズへようこそ)

それからひらり、空中分解。こちらは11月公演。ご案内メールより転載させて頂いています。

「足跡(あしあと) -No name Lives-」

19××年の夏休み、高校3年の仲間たち4人は、
いつもの空き地で、丸裸で泣いていた一人の男を見つける。
自分のことを「怪物(モンスター)」と呼ぶ、身寄りのないその男の面倒を見るうち、
次第に心を通わせていく彼らであったが・・・。

『10年間』に続く、ひらりの"5人組"シリーズ第二弾!
女装を脱ぎ捨て、今度は学ランを身にまとう!!
切なくもおかしい、新たな"仲間"の物語。

11/3(金・祝)~11/7(火)
金15:00/19:30、土・日14:00/19:30、月19:30、火18:00
下北沢・駅前劇場
前売3200円・当日3500円(日時・座席指定)

チケット取扱/
CNプレイガイド:0570-08-9999、http://www.cnplayguide.com/
ぷれいす:03-5468-8113(平日11:00~18:00)
電子チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード 370-880)・0570-02-9988(演劇専用)
イープラス:http://eplus.jp/
ローソンチケット:0570-084-003(Lコード 39818)・0570-000-407(オペレーター対応)
楽天チケット:http://ticket.rakuten.co.jp/
ひらり:090-4068-8409 meshimase@hirari.com

http://hirari.com/ (PC)
http://hirari.com/keitai/ (携帯)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

湘南アクターズ第9回公演 「幸せのアルデンテ」 <観劇レポート> [郷田ほづみ]

5月20日(土)19時からの部。会場はなんと!湘南アクターズスクール。郷田さんが運営されている学校です。我ら怪物ランダーにとっては第二の聖地と言っても過言ではないでしょう。画像は開場前に写したモノです。生憎、こちらのブログでは画像が一枚しかUPできないようなので、学校名がよくわかるものをチョイス。

アクターズスクールの中に入ると・・ そこは新しい、綺麗な小劇場という雰囲気。普段お稽古に使用されているレッスン場の面影はどこにもありません。よく出来てるよなぁと感心しながら中に入っていくと、桟敷席も用意されていたので、一番前のド真ん中に陣取り、観せて頂くことに(笑)。こんな機会滅多にないもんね。

丁度アクターズさんのお芝居を観にいけなかった期間の公演だったので、私にとってはこのお芝居は初めて観るもの。なんと5年ぶりに拝見する役者さん(花澤美喜さんと須賀みきさん)などもいらっしゃり、役者さんの成長はもちろんですが、初期のお芝居から比べて湘南アクトステージ自体も色々な面でレベルアップしている様子が見て取れて、感慨深かったです。

私が観た回は、Bキャスト(ダブルキャストでした)の回でした。初演でも物語の中心人物・幾恵を演じられた花澤さん。きっと普段はシッカリ、だけどちょっとヌケたところがあって可愛らしい、そんな人なのかなぁとイメージを膨らませて観ることができました。絵美役の須賀さん。以前の拝見した役と180度違う印象。演技の幅の広い役者さんですね。六ちゃん役の小林さんは笑顔がキュート。あの笑顔に幾恵はやられちゃったに違いない、と思いました(笑)。夕子叔母さん役の中村さんはすっかり熟女役が定着?(笑)。今度は可愛らしい役も拝見してみたいものです。ハナ役の佐土原さんはひたすらオイシイ。観た方が「アノ子って本当にあんな子なの!?」と、思わず聞いてしまいそうです。

宮入さんのけんたろう。ちょっとうさんくさいところがグー(笑)。もし自分の元彼だったとしたら「オマエのそーゆーところがいちいちキライだ!」と言ってしまいそうなキメキメポーズがいいカンジでした。神田川くん役の米田さんは、いつもなんとなく可愛らしい。可愛らしい男性スキーなので、米田さんの回に当たるととってもうれしい私です(笑)。

朝美役の原さんも独特の存在感があって良かった。今後どんな役者さんに成長して行くのでしょうか。楽しみな方です。それから貫井さん。いつもながら華がありますなぁ。安心して観ていられます。

最後に取っておいた、バスローブ姿も艶かしい郷田パパ(笑)。20年前に有栖川公園で見た時よりムダ毛が少ない。というよりほとんどない。もしかして、足は綺麗に処理してあるのかしら・・・? と、「郷田ほづみのスネ毛に萌える会員」活動の一環として、あらわな脛にじぃっと見入ってきました(笑)。

今回、最も印象に残ったのがやはりラストの幾恵とのシーンの郷田さんで。

父親として、というよりもちょっと少年に戻ってしまったような可愛らしい拗ねた表情で、幾恵の手料理を待つ様子にジンと来てしまいました。

開演前からアクターズスクール前に行列ができるほどの盛況ぶりだったので、一度会場内に入ってしまうと学校内をウロウロできないのが残念でした。折角の聖地、もっと堪能したかった(笑)。

来月には選抜キャストで、初の「地方」公演 in 池袋シアターグリーンです。郷田さんは全公演ご出演予定のようですね。久々の郷田さんの舞台、是非足をお運び下さい。


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

「幸せのアルデンテ」追加情報 [郷田ほづみ]

湘南アクターズスクールさんにチケットの発売状況等、載せてもいいと許可を頂いたので追加です。

とりあえず今現在のチケット発売状況としてはどの日時もまだ余裕ありますとの事。
ただ、平塚のアトリエ公演の方は席が少ないので特に土日公演は早めの予約がお勧めとの事です。

それから、今回の公演は郷田さんもご出演の予定ですが、全公演に出演されるわけではないらしい(Wキャストですし)なので、特に「この役者さんが観たい!」というのがある方は「湘南アクターズ「幸せのアルデンテ」制作事務局」さんに予め問い合わせされた方がいいかも。

mail@shonan-act.com (湘南アクターズ「幸せのアルデンテ」制作事務局)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇
前の10件 | - 郷田ほづみ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。