So-net無料ブログ作成

C74  夏のコミケの委託販売について [IN THE M'OOD]

随分永らく更新をしないですみません^_^;

さて、夏コミにて在庫本を「OKY」にて委託販売させて頂きます。

8月15日 10:00~ 東京ビッグサイト 西2ホール 「つ」05-a  です。

夏コミにいらっしゃる方・前回等お買い逃しのある方、是非是非お立ち寄り
下さいませ。宜しくお願い致しますm(__)m

湘南アクターズ、ただいま仕込み中! [湘南アクターズ]

湘南アクターズ所属のサラリーマン俳優こと、米丸照二さんから連絡を頂きました。米丸さんと言えば、湘南の平光琢也・・ は、私が言ってるだけなんですが、なんとなく可愛らしいお芝居をされる方で、そんな米丸さんのお芝居を観るのも、この劇団の公演を観る楽しみの一つになっています。

これから始まる平塚のアトリエ公演では、郷田さんは週末(5日・6日両マチネのみ)しか出演されないようなのですが、郷田さんがご出演されないところでも、宮入さん(ところで、宮入さんは名前はなんて読むの!?)と、小林さんが演じられます。小林さんが「あの疑惑」が掛かる役をどう演じられるのか・・ 宮入さんは「あ、なんかそんなことしそう」って言うので簡単に受け入れられちゃいそうですが、小林さんはご本人のキャラとのギャップを考えると、これまた面白そう。 ・・・って、池袋公演を観た人にしかわからない感想ですが、まだご覧になってない方で、「気になるぅ~!」って方は平塚公演を是非、ご覧になって下さい。

ああ、前置きが長くなった。米丸さんから頂いたご連絡とは、只今アトリエを仕込み中で、今回の公演の仕込みはネタバレ防止の為に載せないけど、前回公演の仕込みを劇団ブログに載せてますって内容でした。
かなり前にさかのぼりますが、お正月の更新は郷田さんで、なつかしの「賀ちょ~ん」が観られますよ(笑)。 私以外で正月に賀ちょ~んって書いてる人が居るとは思わなかった。ってか、郷田さんはネタ元か(笑)。

ということで「隣のアクターズ!」是非、覗いてみて下さい!

http://shounan-act.jugem.jp/ (隣のアクターズ!)

湘南アクターズ地方公演 「シロツメクサの花咲く」 <観劇レポート> [郷田ほづみ]

郷田さん率いる湘南アクターズの「地方公演」こと、池袋・シアターグリーンの初日に行って参りました。本日はあゆとさんと待ち合わせ、最前列に配されていた補助席のどセンターにての観劇です。

さて、そろそろ池袋公演も終盤ですし、今ブログを読みに来ていらっしゃる方々はネタバレOKな方と過程して記事を書いていきます。ネタバレイヤン、な方は以下はお読みにならないで下さい。

湘南アクターズ一年ぶりの新作だそうです。序盤・中盤でたっぷり笑わせてくれて、終盤涙を搾り取る金津脚本健在。演出の郷田さんも、劇団員の良さを知り尽くした演出で安心して作品世界にドップリ浸って観ていられます。湘南アクターズというと、様々な個性を持った役者がよくこんなに集まったな、と観るたびに感心させられるのですが、これは日々の稽古なんかで引き出されてくるものもあるんだろうなと思ったりもしました。フツーの劇団・・ というのがどういうものかってのは上手く説明できないんですが、演劇で生計を立てたい希望もある人たちが集まった集団=劇団だとしたら、そういう人たちの枠にとらわれない人たちがバランス良く集まっているのが湘南アクターズ。一度でも、アクターズの公演をご覧になった方々には同意して頂けるのではないかと思います。

今回は「互いを思いやる嘘を積み重ねて行った先にはなにがあるか」、というのが大きなテーマになっていたと思います。終演後にじんわりくるのはまず、杉山さん演じる母がたぶん、ロビーに入ってきたわが子を一瞬で見分け、心を高鳴らせるけれどもそこに入ってきた今の夫との子の気持ちを慮ってまずついてしまう嘘。そして何十年ぶりに会ったわが子の余裕のない様子を見て、何十年もの間、子供の成長の様子を頭に思い描きながら生活していた母が、やっと目にした我が子の姿とその変わりように心を痛めたであろうこと、そして空白の時間に何があったのかをやんわり探ってく様子。序盤から、娘・美咲と友人の入れ替わりには気がつかせてくれるけど、そこに意識が行くことで、周到に張り巡らせてある伏線のいくつかには気がつかない構造になっている。上手い。

今回の見どころの一つとして、ひらり、空中分解。の松川さん演じる病院長の息子・サイボーグジュニアと郷田さん演じる夫とのボケとツッコミ対決がありますが、まずは郷田さんの、ふんわりパーマヘアと無精ヒゲにオヤジスキーな女性は間違いなく萌える(笑)。 mixiで郷田さんが今回の公演用にパーマをあてたという事を知って、パンチパーマ姿が拝めるか・・ と思ったら、違ってました。確かにあの家族のパパがパンチパーマは可哀相すぎる^_^; 冷徹だけどもどこかピントのズレたジュニアは松川さんにハマり役。白衣姿も嬉しい。あと眼鏡があればカンペキだったのに・・・ちいぃ!(笑)。

主演の貫井さん、いつもながら牽引力がある。彼女の舞台での存在感というのはいつもながら凄い。それから西原さん。「ウェルメイド家族」のひまわり役より、今回の娘役のが、声のよさが引き立ちます。そのうち、彼女の声優仕事も見られるか!?
須賀さん・山本さんの親子、言われて嬉しくないかもしれませんが、妙な説得力がありました^_^; 須賀さんはここのところ、サポート役的な役柄が多いですよね。次回作あたりでストーリーをぐいぐい引っ張っていくところが観てみたいです。
看護士役のトロピカーナさん、出落ち(笑)。ウザいけど憎めない看護士を好演してました。友人役の水野さんは安定してる。彼女も器用な方だなぁといつも思います。

***

もうすぐ始まる平塚公演では、今回の池袋公演とはまた違ったキャストで演じられる。そちらの配役も、今から目に浮かぶような今回の作品。怪物ランダーの方々は、聖地巡礼スポットの一つ、アトリエ詣でを兼ねて(笑)。アクターズやひらりファンの方々も是非、全配役で観て頂きたいです。

湘南アクターズ公演情報 「シロツメクサの花咲く」 [郷田ほづみ]

情報はmixiの「劇団・湘南アクターズ」より転載させて頂きました。前売り券絶賛発売中のようです!

第11回公演 「シロツメクサの花咲く」
作/金津泰輔 演出/郷田ほづみ
【会場】シアターグリーン(池袋) BASE THEATER  【日程】2008年3月20日(木)~24日(月)
【前売】3000円 【当日】3300円 (日時指定・自由席)
※全ての公演につき受付開始は開演の1時間前、開場は開演の30分前です。
3/20(木)17:00-
3/21(金)19:00-
3/22(土)14:00-/19:00-
3/23(日)14:00-/18:00-
3/24(月)13:00-/19:00-

【会場】湘南アクターズアトリエ  【日程】3月31日(月)~4月6日(日)

【前売】2300円 【当日】2500円 (日時指定・自由席)
※全ての公演につき受付開始は開演の1時間前、開場は開演の30分前です。
3/31(月)19:00-A
4/1(火)19:00-B
4/2(水)15:00-A/19:00-B
4/3(木)15:00-A/19:00-A
4/4(金)15:00-B/19:00-B
4/5(土)15:00-B/19:00-A
4/6(日)14:00-A/18:00-B

- cast -
郷田ほづみ〔池袋〕
水野理紗〔池袋・B〕
ななか りか〔B〕
貫井りらん〔池袋・B〕
中村佳世〔B〕
須加みき〔池袋・A〕
杉山弘子〔池袋・A〕
仲野 元〔A〕
宮入斗似〔B〕
トロピカーナ健太〔池袋・A〕
米丸照二〔B〕
小林 貴〔A〕
山本浩司〔池袋・B〕
伊藤麻美〔A〕
原 夏木〔A〕
西原ゆーこ〔池袋・A〕
神野 潤〔A〕
大関奈緒子〔B〕
松川貴弘〔池袋・B〕(ひらり、空中分解。)

公式サイトへのリンクも貼っておきます。チケット申し込みはこちらからドゾ ↓

http://www.shonan-act.com/actors/11.html (「シロツメクサの花咲く」 告知ページ)


図書館戦争 <新番組情報> [平光琢也]

mixiの平光琢也コミュで、新番組情報を頂きました。4月からのノイタミナ枠で「図書館戦争」。まだ何日からスタートとかは書いてありませんが、面白そうな番組です。公式サイトも出来てますので、詳細はそちらからドゾ。近日中にブログもできるとか。そちらも楽しみですね。

スタッフ:

  • 原作:有川 浩
    (「図書館戦争」「図書館内乱」「図書館危機」/メディアワークス刊 )
  • キャラクター原案:徒花スクモ
  • 監督:浜名孝行
    (「テニスの王子様」「ウエルベールの物語」)
  • シリーズ構成:古怒田健志
  • キャラクターデザイン:中村 悟
  • 美術監督:池田繁美
  • 美術設定:荒川直樹
  • 色彩設計:片山由美子 
  • 撮影監督:田中宏侍
  • 3D監督:遠藤 誠
  • 音響監督:平光琢也
  • 音楽:菅野祐悟 
  • アニメーション制作:プロダクション I.G
    (「攻殻機動隊 S.A.C.」シリーズ、「精霊の守り人」)

キャスト:

  • 笠原 郁 … 井上麻里奈
  • 堂上 篤 … 前野智昭
  • 小牧幹久 … 石田 彰
  • 手塚 光 … 鈴木達央
  • 柴崎麻子 … 沢城みゆき
  • 源田竜助 … 鈴森勘司
  • 稲嶺和市 … 佐藤晴男

http://www.toshokan-sensou.com/index.html (公式サイト)


コミケも終わったので。 [IN THE M'OOD]

昨年までは、本の中でお三方のお仕事まとめ等をしていたので、どうしてもこちらが手薄になりがちでしたが、今年からはお仕事情報等はこちらで発信していかなければいけません。

情報はネットなどで拾ってきてますので「あの情報載ってない!」等ありましたら、是非お知らせ下さい。

サイト関係では、通販用CGIを新しくしました。「同人誌申し込みフォーム」からお入り頂けます。在庫がある限り、通販致します。TOPページからもドゾ。

http://f7.aaa.livedoor.jp/~orafeti/tuhan/tuhan.cgi (通販お申し込みフォーム)

それから、郷田さんのブログが更新されていますね(サイドバーのリンク参照)。今年はマメに更新されるとのことですので、期待しましょうヽ(^o^)丿


ウエルベールの物語第二幕など<新番組情報> [平光琢也]

あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いいたしますm(__)m

さて、今期の平光さんの音響監督情報からまとめていきたいと思います。

まずは「ウェルベールの物語 第二幕」。公式サイトを拝見すると(スタッフの平光さんのお名前、漢字が間違ってます^_^;)スタッフ・キャスト・・・ は載ってないけどまんま続投のようです。

http://www.avexmovie.jp/lineup/wellber/index.html (公式サイト)

こちらはGyaoでも1/15から配信とありますので、私は又、Gyaoで観たいと思います。視聴できない地域にいる者にとって、インターネット配信はありがたいことです。

「ガンスリンガー・ガール」も第2部スタートですね。サブタイトルが「IL  TEATRINO」。キャスト等は公式サイトをご覧下さい。

http://www.gunslingergirl.com/index.html (公式サイト)

放送日が、TOKYO MX 1月7日(月) 27:00より 毎週月曜日放送 テレビ大阪 1月9日(水) 26:55より 毎週水曜日放送 中京テレビ 1月16日(水) 27:14より 毎週水曜日放送 とのことです。ON AIR地域の方はお見逃しなく!

去年からの続投のものは「遊戯王デュエルモンスターズGX」「おねがいマイメロディ すっきり♪」。時間は短縮されてますが、テンポが良く、相変わらずマーメロさまひどい いえ、面白いです(笑)。こちらも視聴できる地域の方は是非チェックを!

 


ご無沙汰じゃん [IN THE M'OOD]

お久しぶりです、お久しぶりすぎます。最近ご無沙汰じゃん、と書きたくても最近が入れられない位のご無沙汰っぷりでした。スキンも夏のまんま。えろうすんません。

お仕事情報の更新もしないまんま(落ち着いたら補填させて頂きます・・・)、冬コミの情報だけサクッと書かせて頂きますが、冬コミ、当選しています。怪物ランド結成25周年に先駆けた、25周年記念本、出します。現在、編集作業中です。

昨日、平光さん・郷田さんからのコメントも頂きました。今回は手書きのコメント(アンケート風)も収録しています。

コミケの参加日・場所は

12月29日(土) 西地区 “ま”ブロック 28b IN THE M'OOD

になります。今回は初日です。

サークル参加はとりあえず今回でファイナル。怪物ランドの活動に合わせて復活・・ になるっかもしれません。ファイナル本は100Pちかいボリュームになると思います。

以上、告知でした。よろしくお願いいたします。


C72 夏コミ情報! [IN THE M'OOD]

夏コミ新刊 AH TOI KATZE 0(ヌル)
  コピー誌 A5版 18P  ¥200


C72夏コミ、参加させて頂きます。新刊はボトムズパロディ中心、執筆者も期待のニューフェイス・ジュンジュン、帰ってきた若大将ことかなさき しんが加わりパワーアップ!

もちろんいつもの執筆者、東北が生んだ脅威のドーラー・レイディ、ゆーすけ・B・備蓄&マッチ次長も頑張っております。
先着でレイディさんのペーパークラフトを差し上げます。

尚、TOPページにも書いておりますが、今回の本はイベント売りのみで通販の予定はありません。申し訳ありませんが、ご了承下さいませ。

それではここで・・・ ビックサイトで僕と握手!(笑) 

8月18日(土)土曜日東地区2ホール“R”ブロック01a (入り口すぐのところです)

にてお待ちしております!



8月18日(土)土曜日東地区2ホール“R”ブロック01a


「オセロー」観劇レポート [平光琢也]

楽日観劇。席はやや前方のどセンター。舞台全体が一番見渡せる席でした。
今回の「オセロー」を観て一番思ったのは、平光さんの演出は、年々、シンプルになってきてるなぁということ。
衣装は雰囲気を残しつつも斬新で華やか、セットもシンプル、台詞もシェイクスピアのテイストを残しつつもわかり易く仕上がっていたと思います。
とは言いつつも。「オセロー」自体をそう何本も観ているわけではないですが、「これってシェイクスピア4大悲劇だよねぇ、こ、こんなに遊んでしまっていいの!?」と思うくらい、コミカルな演出が多い。特にオセローを演じられた金田さんは、アフリカの屈強な黒人(私のオセローのイメージですが)というよりも、いろんなところに陰りの見え始めた中年男の悲哀に力が入っていたように思え、妻に対する嫉妬心から顔をクシャクシャにして座り込むシーンなどは、『あのリチャード3世では超セクシーだった金田さんとは思えない』と思いつつも、そんな情けない表情も滑稽で、どこか可愛らしい。イアゴー役の吉見さんは、「ファウスト」と役柄がやや被るけど、悪いけれども憎めないイアゴーを好演。朴さんのデスデモーナは清楚で可憐。さすがに台詞が聞き取りやすい。三沢さんのエミリアの逞さが物語を引き締めていたように思う。
個人的にオキニな佐々木睦さんが、序盤にチョコっとしか出番がなかったのが残念。もっと佐々木さんの演技が観たかったのに(笑)。

ayutoさんのレポートにもありますが、カーテンコールでは平光さんも舞台上へ。琢也コールもかかって嬉しい私(笑)。終演後はロビーで平光さんとちょっぴりお話。来年は円の舞台の演出はなさらないそう。思いっきりガッカリした顔をしていたのでしょうか、外部の演出はするかもよ、と仰ってました(笑)。
写真は終演後、ロビーで撮らせて頂いた平光さん。ほぼ一年ぶりにお会いしたんbんですけど、なんか去年より若くなってます。次回お会いする時は更に若返ってる!? そのあたりも楽しみです。

一緒に楽日を観劇したayutoさんのレポートです。26日(水)の分と楽日の分、両方貼らせて頂きます。http://diarynote.jp/tb/52419/20070725234231 (26日分)
http://diarynote.jp/tb/52419/20070729212935 (楽日分)


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。